50代からの基礎化粧品選びのポイント

女性が毎日肌につける化粧品、何となく選んでいませんか?

閉経に向けて女性の肌が大きく衰え始めるのは40代からです。

40代になると肌が急激に乾燥し始め、シワやシミ・毛穴の開きなど重大な肌トラブルが起こるようになります。

肌の生まれ変わりであるターンオーバーも年々遅くなり、この時期に手を打っておかないと肌は大変な事になってしまいます。

肌の不調に手を打たないでいると、50代になり深いシワ・シミ・たるみ・くすみに一層悩まされることとなります。

目じりやほうれい線に深いシワが刻まれ、皮膚はたるんでしまいまるでブルドックのよう。

シミはどんどん濃ゆくなり顔はくすんでトーンが暗くなってしまいます。

若いころの顔と比べるとまるで別人ですよね。

でも「もうおばさんだから仕方ない」

とあきらめたらダメです。

50代の自分に合った化粧品を探すことさえできればまだ間に合います。

同じ50代でも芸能人などテレビで活躍している人は、とてもきれいな肌をしている人もたくさんいます。

自分とは違うと諦める前に自分の肌ときちんと向き合い、早めに対策を取りたいですね。

50代になったから化粧品を見直さないと、と思いファンデーションなどをブランドで選んだりしていませんか?

有名なブランドならカバー力も高く肌トラブルを上手く隠してくれるかもと思うかもしれませんが、まず見直さなければいけないのは基礎化粧品です。

40代から始まる肌の乾燥を一刻も早く止めるためにも、保湿とコラーゲン強化が重要になります。

「脂性だから乾燥とは関係ない」

と考える人もいるかもしれませんが、乾燥しているから脂が多い可能性もあるのでやはり50代は保湿を第1に考えたいですね。

50代になると水分保持成分は20代の半分になってしまうのだとか。

そこでセラミド配合の化粧品で保湿しないといけません。

でもセラミド配合の商品はたくさんありますし、価格もさまざまなので正直どれがいいのか分からないという意見もあるはず。

そんな時は50代の基礎化粧品選びのポイントがすぐわかるこちらのサイトを参考にしてください。

50代、手を抜かない化粧品選び

このサイトではさまざまな商品を紹介するだけでなく、成分や価格・さらに効果を分かりやすく点数付けしています。

きっとお気に入りの商品が見つかると思いますよ。